「修理屋のちょこっと為になる話」コラム

Vol.009 コンプレッサ(圧縮機)に関する「ちょこっと豆知識」その2 (オイル編)

Q1.コンプレッサオイルの代わりにマシーン油を使用した方がよいでしょうか?

A.コンプレッサオイルには、カーボンの生成の抑制・水分分離の良い・酸化安定性に優れる・分解ガスが少ない錆止め性の高いなどの処理がされています。同じ粘度のマシーン油を使用した場合これらの処理がされていないのでNG。

Q2.レシプロコンプレッサにスクリュー用オイルを使用してもよいでしょうか?

A.スクリュー用オイルの粘度は低く、サラサラしているので、油膜切れになり焼き付きの原因になるのでNG。

Q3.スクリューコンプレッサにレシプロ用オイルを使用してもよいでしょうか?

A.レシプロ用オイルは粘度が高いため、全体にオイルがゆき渡らないので、故障の原因になります。また圧縮された空気が、オイルセパレータで空気と油の分離が十分できない上、オイルの減りが早くなるのでNG。

Q4.コンプレッサオイルを定期的に継ぎ足しして管理しているが、注意することは?

A.継ぎ足しを続けると、添加剤の性能が落ちる→劣化するスピードが早くなるので、定期的に全量交換も行うことが大切です。

Q5.オイルが乳化する原因は?

A.オイルに水が混ざることによって乳化します。

Q6.オイルが乳化した時は?

A.オイルを全交換する事をお勧めします。
また、オイルが乳化するということは、使用方法や使用機種など様々な原因が考えられます。

*まずは「有限会社清水機械」にご相談ください。
圧縮空気内の油を取り除く方法も色々あります。

「修理屋のちょこっと為になる話」コラム