「修理屋のちょこっと為になる話」コラム

Vol.012 コンプレッサ(圧縮機)に関する「ちょこっと豆知識」その5 (フロンガス編)

コンプレッサーのドライヤーに入っているフロンガスについて

改正フロン排出抑制法が令和2年4月1日より施行され、業務用エアコン・冷凍冷蔵機器・(スポットクーラー・エアードライヤー)などの機器を捨てる際、管理者がフロン類を回収しなかった場合、行政指導などを経ることなく、即座に刑事罰(罰金)が科せられることになりました。

概要 詳細
引取証明の交付 フロン類が回収された後の機器の処分を依頼する際には、引取証明書の写しを交付することが義務付け。
フロン類回収に関する罰則強化 フロン類を回収しないまま機器を廃棄した場合、行政指導などを経ることなく、50万円以下の罰金。
書類の不交付・不備に関する罰則強化 フロン類の回収依頼書・委託確認書・引取証明書の写しを交付しなかった場合、または、回収依頼書・委託確認書について、記載不備や虚偽記載があった場合、30万円以下の罰金。
書類の保存義務違反に関する罰則強化 フロン類の回収依頼書の写し、委託確認書の写し、引取証明書を保存しなかった場合、30万円以下の罰金。

フロンガスの回収から破棄まで、弊社が解決いたします!!
公式LINEからも、お気軽にお問い合わせください!!

「修理屋のちょこっと為になる話」コラム